<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Favor
アメリカ、家族のいる風景
アメリカ、家族のいる風景 (JUGEMレビュー »)
サム・シェパード
ここ最近観た映画のなかでも一番心に残りました。
ヴィム・ヴェンダースの撮る独特の乾いた映像は美しく、家族のあり方について深く考えさせられます。
Hissing Fauna, Are You the Destroyer?
Hissing Fauna, Are You the Destroyer? (JUGEMレビュー »)
Of Montreal
ピコピコ電子音が多く、テンポも速い。今までのゆるゆるで不思議な雰囲気から、かっこよくなってきている感じ。
スポンサーサイト
2009.02.25

一定期間更新がないため広告を表示しています

クレヨンの長さ
2007.03.16
娘が幼稚園で1年間使ってきた教材を持って帰ってきた。
入園前に1本1本名前を書いたクレヨンやマーカー
それにたくさんの絵や紙を切って貼ってのりでくっつけて作った作品などを
1冊の本にまとめたものなど。
どれも1年前では想像できないほど上手にできていました。
私が見ていない間にたくさんの絵を描いたり、いろんなものを作ったんだねぇ。
クレヨンは黄色と赤がいちばん減っていました。
娘は黄色が好きな色だといつも言っています。
ココアの粉末
2007.03.10
小さいあかりがひとつだけの薄暗い部屋で
ココアの粉末を舐めていた。
細かい粒子はふわふわで
湿った口に吸い込まれると
甘ったるい味が広がる…
今日がどんな日でも
歩き、しゃべり、咳をし、何かを考え、
毎日を「今日」として生きている。
Best Album 2006
2007.01.06
久々すぎる更新。月刊どころか季刊になりつつあります(笑)
きっと見に来る人もあんまりいないだろうし、独り言っぽくていいなぁ。
あ〜あ〜あ〜〜〜♪(独り言です)
気にせず行きましょう。

2006年のよかったアルバム、たくさん聴いたアルバムを総括。
ベスト10のつもりがはみだしちゃいましたが…
しかも聴きたくても買い逃して聴けなかったのも多数ありでして。
順位をつけるのは難しいのでiTunesで再生した回数を参考にしました。
いや、あとでつけたしたものもあるので数字はあまり関係ないかも。

18 Flaming Lips / At War with the Mystics
17 Calexico / Garden Ruin
16 The Chalets / Check in
15 Islands / Return to the Sea
14 Emily Haines & the Soft Skeleton / Knives Don't Have Your Back
13 OOIOO / Taiga
12 Cat Power / The Greatest
11 Tara Jane O'Neil / In Circles
10 Adem / Love and Other Planets
9 Vetiver / To Find Me Gone
8 Oh No! Oh My! / Oh No! Oh My!
7 Herbert / Scale
6 Yo La Tengo / I Am Not Afraid of You and I Will Beat Your Ass
5 CSS / Cancei de Ser Sexy
4 The Like / Are You Thinking What I'm Thinking?
3 Belle and Sebastian / The Life Persuit
2 Erase Errata / Nightlife
1 Howe Gelb / Sno Angel Like You
うたた寝
2006.10.20
気がついたらソファにもたれかかって眠ってた…zzz
うたた寝って、気持ちいい〜〜〜………
もうちょっと寝てようかな。むにゃ〜
もう昼か…
ある日のiPod 06/10/08
2006.10.09
何年ぶりにひとり夜道を歩いただろう…
自宅を飛び出し(家出じゃないよ!)ジャニスにCDを返しに行き
また自宅に戻るまでの約1時間、iPodではこんな音楽が流れていました。
記憶が曖昧だったりして曲順間違ってるかも?

Young Girls/ Rich Kids
(ひゃっほー!)

Off the Hook/ CSS
(ひゃっほー!!!ライブ行きたいな)

You Came Through/ PJ Harvey
(無国籍料理店が建ち並ぶ通り)

The Tallest Man, The Broadest Shoulders/ Sufjan Stevens
(電車に乗る)

Borderline, Baby/ The Dylan Group

Teenage Love Song/ Rilo Kiley
(いい曲だなぁ。まもなくジャニスに着く)

(In Fact I'm) Pioneering New Emotions/ Joan Of Arc

Orphan Girl/ Gillian Welch
(楽器屋が建ち並ぶ通りで)

I'm a Ghost/ Ted Leo & the Pharmacists
(御茶ノ水の駅前あたり)

Bwatue/ Phil Ochs
(帰りの電車に駆け込み乗車。ギリギリセーフ)

Cherub Rock/ Smashing Pumpkins
(帰りの電車の中で)

Julia/ The Beatles
(隅田川を眺めながらセンチメンタルな気持ちになる、笑)

The Way You Found/ Ben Harper
(スーパーでお買い物しながら)

Future Days/ Can
(月を眺めながらのんびり自転車をこぐ。家に到着)
Recent Entries
Categories
Archives
Recent Trackback
Link
Powered